ハーバード医科大学

ハーバード医科大学

ハーバード医科大学(HMS)の研究によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はノンカフェインコーヒーを代用する事で、直腸ガン発生危険を5割も減らせたとの事だ。

環状紅斑というものは輪状、要するに円い形状の赤みを帯びた発疹など、皮ふ病の総称であり、因子はまったくもって様々です。

結核への対策は、1951年に誕生した「結核対策法」に沿って進行されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは異なる感染症と供に「感染症法」という名称の法律に基づいて行われる事になったのだ。

演奏会の施設やクラブハウスなどにある特大スピーカーのすぐ脇で大きな音を浴び続けて耳が聞こえにくくなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼ぶのだ。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格のない一般人でも使用可能な医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に応じて利用する事で、心室細動に対しての応急処置の効果を患者様に与えます。

ポリフェノール最大の機能はV.C.(ビタミンC)やトコフェロール(ビタミンE)性質が異なっており、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を対策する作用に優れている様だ。

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20~30代の男性多く見られており、ほぼ股間の辺りにのみ拡大し、激しく運動したり、入浴後のように身体が熱くなった時に猛烈な掻痒感があります。

汗疱状湿疹は主に掌や足裏、指と指の隙間などにプツプツとした水疱が出る病気で、通常はあせもと言われ、足裏に出ると水虫と思い込まれる事もあります。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化した事に加えて煙草を飲む事・お酒を飲む事・隠れ肥満等のライフスタイルの乱れ、ストレスなどにより、近頃、日本人に増加しつつある病気だと言う事がします。

特に皆さんに知ってほしい基礎代謝というものは人間が動かずにじっとしていても燃焼する熱量であり、その50%以上を身体中の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必須とする脳ミソの3種類が占めると言う事を御存じですか?女性にとって非常に怖い悪性腫瘍の一種であるといわれている卵巣がんは、正常ならば人を癌にさせない働きを持つ物質を生成するための鋳型みたいな遺伝子の異常で罹患してしまう病気だと考えられている様だ。

ヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在するクッションのような役目をする椎間板(ツイカンバン)という柔らかくて円い形をした組織が飛び出た症例を称している様だ。

心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が狭くなってしまい、血流が止まり、酸素や大事な栄養を心筋に送る事ができず、ほとんどの筋細胞が死ぬ深刻な病気です。

アミノ酸の一つグルタチオンには、細胞の機能を低下させたり突然変異を招く人体に害のある物質を体内で無毒化し、肝臓の能力を良くする動きが明らかになっているのだ。

花粉症の病状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが元凶で慢性の睡眠不足になり、翌朝からのすべての活動に悪い影響を及ぼす事もあるのだ。

女性には縁がない、インキン(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、かびの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、臀部などの部分にうつり、寄生する病気であり容易に言うと水虫です。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いので大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を破損させるなど、肌に悪影響を与えている様だ。

めまいが現れず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状を数回繰り返すケースの事を「蝸牛型メニエル病」と診断する事があるのだ。

かわって、2012年9月から原則無料で接種する事ができる定期接種になるので、小児科などの医療機関で個々に接種してもらうスケジュール管理の必須な個別接種の扱いに変わります。

杉花粉が飛散する3月前後に、まだ小さな子どもが体温は普通なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした水っ洟が止まないような状況だったなら、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いと言えます。

子どもの耳管の特徴は、大人のそれと比較すると幅があって長さがあまりなく、且つ水平に近いため、ばい菌が入り込みやすくなっているのだ。

 

小さな子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関係している様だ。

ジェネリック(後発薬剤)

アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が切れてから約30日後、市場のおよそ80%がジェネリック(後発薬剤)に取って代わるような薬剤もあるほど、ジェネリックは世界に知られているのだ。

通行中の衝突事故や山での滑落など、強大な圧力が身体にかかった場合は、複数の箇所に骨折が発生したり、複雑骨折に至ったり、重症の場合は内臓破裂してしまう事もあり得ます。

特に皆さんに知ってほしい基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が何もせずに動かなくても使用するエネルギー量であり、その5割以上を身体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳ミソで使っていると言う事です。

下が90以上の高血圧が長期間間続くと、血管に強い負担がかかった結果、全身至る所の色々な場所の血管に障害が起こって、合併症を発症してしまう公算が高まるのだ。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く酵素や、細胞もしくは組織の維持活動に深く関わっている酵素など、200種類以上ある酵素を構成する物質として絶対に欠かせないミネラルの一種なのだ。

亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に関係する特殊な酵素や、細胞や組織の再生に関係する酵素など、約200種類以上も存在する酵素の構成物質として欠かせないミネラル分だといわれている様だ。

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると輪状、つまりは輪っかのような円い形をした紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、様々な皮膚疾患の総合的な病名で、その原因は全くもって多種多様だと言う事がします。

不快な耳鳴りには当事者しか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンをあてると聞こえてくると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で壊れてしまう事が原因で、残念な事に膵臓から大半のインスリンが出なくなって発症してしまうという自己免疫性の糖尿病です。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてタバコを飲む事・お酒を毎晩飲む事・肥満等のライフスタイルの質の低下、ストレスによって、近頃、日本人に増加している病気の一種です。

触れあいなどで、患者様さんが動物をすごく愛おしいと思った場合に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスの低減や癒やしに繋がります。

耳鳴りは2種類に大別され、本人にしか感じられないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように本人と他の人にも高性能のマイクロホンを使うと響いてくるタイプの「他覚的耳鳴り」があるのだ。

環状紅斑というのは環状、所謂円い形状をした紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮膚病の総称であり、その素因は正に多種多彩だと言えます。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な体にも見られる事があるので緊急の心臓の障害ではないにせよ、例外として発作が続けて起きる場合は危険です。

陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部分に何らかの理由で感染し、棲みついた感染症の事で即ち水虫です。

「体の脂肪率」というのは、体内の脂肪が占有しているウェートであって、「体の脂肪率(body fat percentage)=体の脂肪の量(キロ)÷体重×100」という簡単な数式で分かります。

吐血と喀血はいずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というのは咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器)から出血する症状で、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から出血する事を指します痩せたいためにカロリー摂取を抑制する、お食事を飛ばす、そんな暮らし方がひいては栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を誘引している事では、しょっちゅう問題視されている事なのだ。

ストレスがかかり、蓄積してしまう構造や、手軽なストレス対策など、ストレス関係の細かい知識を学んでいる方は、今のところ少ない様だ。

亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質を合成させるために働く様々な酵素や、細胞や組織の再生に必須な酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する物質となるミネラル分です。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、手先や足先がしびれたり下肢の浮腫みなどが標準で、発症から時間が経ってしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に陥る心不全も誘引する事があるのだ。

高血圧(hypertension)が長期間間継続すると、身体中の血管に大きなダメージがかかり、頭頂からつま先に至るまであちこちの血管に障害が起こって、合併症を発症してしまうパーセンテージが拡大するのだ。

最も大きな内臓である肝臓に中性脂質やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、狭心症のみならず多様な生活習慣病の合併症の元凶となる恐れがあるのだ。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わる特殊な酵素や、細胞・組織などの代謝に欠かせない酵素など、約200種類以上ある酵素の構成要素として外せないミネラル分なのだ。

体を動かすのに必須なエネルギーとしてすぐに使われる糖、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、過度のダイエットではこの2つに代表される活動を確保するために必ず要る栄養までもを乏しい状態にする。